爪、指先のセルフケアは必要なし

ネイルサロンに行く前に爪のケアでやっておくべきことはあるのでしょうか。
まずは爪にネイルやネイルアートをしている場合は、
きれいに落としてからネイルサロンへ行くことをおすすめします。

 

これからネイルをしてもらうのですから、素のままで出かけた方がメリットも多いのです。
ネイルをつけたままネイルサロンに行っても無料で落としてくれるサロンもありますが、
ネイルオフの費用を別途請求されてしまうネイルサロンもあり、
場合によっては予定外の出費が生じてしまいます。

 

またネイルを落としてもらうのに時間が別で必要になりますから、
ケアが全て終了するまでに時間もかかってしまいます。

 

ネイルサロンへ行くのに爪の長さを整えてから来店するかで迷う方もいらっしゃいますが、
基本的には長さはネイルサロンで揃えてもらえますので何もしなくて大丈夫です。

 

希望するネイルケアやネイルアートによっては最適な長さや形があり、
それをネイリストは把握していますので、ネイルサロンにて適切な長さに揃えてもらえるからです。

 

それなのにあえて自分でネイルの形や長さを整えてしまうと、
希望するような仕上がりにしてもらうのが難しくなります。

 

甘皮の処理も同じです。
指とネイルの間に生えている薄い皮を自分で処理する方もいらっしゃいますが、
ケアに含まれているサロンがほとんどです。
自分でやってしまうときれいに処理できず血がでてきてしまうこともあるため、
こちらもプロのネイリストに任せておいた方が安心です。